「料理が苦手だし仕事で時間もないので離乳食を作りたくないー!」って、あなたも悩んでいませんか?

私もそうだったんで、その気持ち良く分かります(^-^;


でも、カワイイ赤ちゃんに喜んで貰えるように、少しでも美味しいものを食べさせてあげたいと思いますよね。

そこで今回は、料理が苦手で時間がなくてもできる離乳食について紹介します!

普段の料理にちょっと手を加えるだけなので、気軽に取り入れてくださいね(#^.^#)



離乳食を簡単に作れる方法とは?

離乳食の基本は、「煮る」

何でもとりあえず煮て軟らかくすれば、離乳食になります。


そこで大人用の食事の1品を汁物や煮物に変えてみるのがおすすめの方法!

煮て軟らかくなったら取り出して、あとは大人用に味付けするだけ。

そうすると、赤ちゃんの分もできるし、大人のおかずもできますよ(#^.^#)


ちなみに、三回食になってくると作るのは大変ですが、大人が食べる物に近づけていけます。

アレルギーなどがなければ卵を浸けて焼くピカタや、バター焼きなんかにすると、大人も子供も食べられます。

焼き飯やうどんにすると野菜も取れるし、大人も赤ちゃんも食べられるので楽にできますよ。


ほかにも、昆布ダシで…とダシにもこだわって…と離乳食雑誌には載ってますが正直大変過ぎる。

1人で気楽に作れる自炊ではなく、赤ちゃんをみながらの料理です。

なるべく手間を少なくしたいですよね。


スポンサーリンク



私の場合、一晩昆布を浸けておくこともありましたが、忘れていたときなんかはそのまま入れて食材と一緒にグツグツ煮てました。(笑)

それに、野菜を何種類か入れるとその野菜のダシが出るので、入れないときも。

かつお節を使うときは、取り出さず食材も一緒に煮て食べさせるとダシも出るし、タンパク質もとれるし一石二鳥(*^^)

このように考えていくと、大人用に味付けする前の物を取り出すだけで離乳食ができるんです。

ちょっと楽に作れそうだと思いませんか?


簡単離乳食

時間がなくても大丈夫の時短方法!

まず、離乳食初期に欠かせないのが、お粥。

少量のお粥を毎日作るのは、なかなか大変(;・∀・)

たくさん作って冷凍しておくのもいい手段ですが、せっかくだし炊きたてを食べてもらいたいというのが親心!


そこでおすすめなのが、小さな小鍋を一つ購入して作ること!

水は意外となくなるので、10倍粥でも7倍粥でも5倍粥でも水多めで作るのがコツです。

軟らかすぎるときは、普通のご飯をお茶碗に入れる時に混ぜると気になりませんよ。

少量でいいときは、大人用のご飯を炊くときに、湯のみに分量の米と水を入れて炊飯器に一緒に入れて炊くだけでもOK!

他にも、冷凍ご飯をすりおろして水と一緒に煮ると簡単にすりつぶしお粥にもなります。


スポンサーリンク



次に、野菜の時短方法。

離乳食初期だと、野菜などもすりつぶさなければならず、なかなか面倒(;´Д`)

そんなときは最初の切り方を工夫すると、少しはすりつぶしが楽になりますよ。

繊維を切るように薄く切ると火の通りも早いし潰すのも薄いので潰しやすいです。


私は一回食の時は、朝のみそ汁の具を使ってました。

味付けする前に取り出して、潰して冷蔵庫に入れておいて食べさせるときに少し温めてあたえてました。

そうすると、お腹を空かせた赤ちゃんをあまり待たせることもなかったです。


あとは、本当に時間がないときは、ご飯と小さく切った野菜とかつお節をグツグツ煮て作るおじやがおすすめ

離乳食後期になってくると、朝作っておいたみそ汁の残りにご飯を入れてグツグツするだけで昼ご飯のおじやの完成!

栄養面が気になるときは野菜を足したり、卵を入れたり、トマト缶やチーズを少し入れるとまた雰囲気も変わって食べてもらえましたよ。

それも続くなぁ…というときは朝コンソメスープにしておいてお昼は醤油を足して焼きそば麺を入れるとラーメンに早変わり!

冬場なんかだと朝作っておいたのを夜に…でも大丈夫じゃないかなと思います。

野菜の調理方法についてはこちらが詳しいです!
→ 離乳食初期の野菜!種類や作り方は?



そして、たんぱく質。

みそ汁に豆腐を入れるとそれだけで主菜も副菜も完成!

魚は、刺身を使うと骨も皮もないし、少量ゆでるだけでできるので簡単です。

私は刺身の切り落としを見かけると即購入してました。

値段もお手頃だし、色々な魚の種類が入っていたので、同じ物ばかり食べささずにすんでよかったですよ(#^.^#)

時短に欠かせない冷凍保存術はこちらで詳しく紹介しています!
→ 離乳食には必須の冷凍術!保存から解凍方法まで一挙公開!





これで安心!離乳食作りの便利道具!

私の場合は、離乳食作りにあたり、小さな小鍋と小さなすり鉢、小さな下ろし金、お味噌を溶く網が役に立ちました!

100円ショップをめぐって楽に作れそうなものはないか探しましたよ。(*^^)


お味噌を溶く網は、煮た野菜類を入れてすり棒で潰すとみじん切りくらいの粒が残るので、みじん切りにする手間が省けて便利。

お粥もこれでこすと、少し粒のあるベタベタになるので、赤ちゃんの食べる段階によってはかなり使えます。


また、後期くらいになってくると、大人と同じような物が食べられるようになるものの、食べやすい大きさに小さくしたほうがいいときもあります。

麺切りバサミも重宝しましたが、私は海苔をデコ弁に使う用に切る小さなハサミも役立ちました。

麺切りバサミだと堅い物は難しいですが、この海苔切りバサミだと、野菜類も肉類もお皿に盛ってからチョンチョンと切るだけで食べやすい大きさになります。

魚や肉類はお箸で切っても繊維に沿って切れてしまうので、赤ちゃんも食べにくくなってしまいます。

それに、外食なんかをしたときもすぐに使えるので便利でしたよ。

あとは、フードプロセッサーやハンドブレンダーなんかがあると、離乳食作りは各段に楽!

みじん切りや、潰す過程が結構面倒ですし、離乳食作りが終わっても使い道があるので、おすすめですよ。


離乳食の便利グッズ

まとめ

面倒そうな離乳食作りが少しでも楽かも、と思っていただけたでしょうか(^-^)

あまり考え過ぎず、大人も食べる同じ食べ物だと思うと肩の荷が降りて作ることができるんじゃないかなぁと思います。

離乳食を作る時期もあっという間に終わってしまいます。少しでも楽しんで作ってみてくださいね。


スポンサーリンク