離乳食が始まり、10倍かゆにも慣れてきたら、次はいよいよ野菜です。

でも、ひと口に野菜と言っても種類が豊富。

どの野菜から始めるの?与えて良い野菜、ダメな野菜は?分からないことがたくさんありますよね。

そこで、そんなあなたの疑問を解決できるよう、離乳食初期の野菜について進め方から調理方法までをまとめてみました。

是非参考にしてみてください!



離乳食初期の野菜の進め方!順番はあるの?

野菜を始めるにあたって、まず気になるのが食べさせる順番。

様々な種類がある野菜ですが、絶対この野菜から食べさせないといけない、という決まりや順番はありません。

大切なのは、アクが少ないもの、味にクセがないものから始めるということ

ではまず、離乳食初期から食べられる野菜はどんなものがあるのか見ていきましょう。
 

生後5・6ヶ月頃から食べられる野菜

にんじん かぼちゃ 大根 トマト 玉ねぎ かぶ キャベツ ほうれん草(アク抜きしたもの) 小松菜 白菜 じゃがいも さつまいも ブロッコリー  カリフラワー きゅうり レタス



上記の野菜が、離乳食初期から食べられる主な野菜です。

離乳食初期は、この中の野菜から少しずつ進めていきます。

進め方は10倍かゆと同様に、小さじ1から単品で、様子を見ながら増やしていきましょう!

進め方の例:

  • 野菜スタート1日目〜3日目…ペースト状の野菜小さじ1
  • 野菜スタート4日目〜6日目…ペースト状の野菜小さじ2
  • 野菜スタート7日目〜   …ペースト状の野菜小さじ3



このように、アレルギーが無いかを確認するために同じ野菜を2〜3日続けながら徐々に量を増やしていきます。

あくまでも1例ですので、この通りに進まなくても心配ありませんよ^^

赤ちゃんが嫌がったり体調に変化があったときには無理をせず、様子を見ながら進めていくことが大切です。

野菜の離乳食をはじめる時の注意!

  • アレルギーが出た時、どの食材がアレルギー源となったのかを特定するために、初めての食材は単品で食べさせることが必須です。1度に2種類以上新しい野菜を取り入れることは避けましょう。
  • アレルギーが出てもすぐに対応できるよう、初めての食材は必ず病院があいている平日の午前中に食べさせるようにしましょう。

離乳食初期におすすめの野菜は?

離乳食初期に食べられる野菜は意外と多いですよね。

では、その中でも初めて食べさせるのに向いているのは、どの野菜なのでしょうか。


離乳食初期に食べられる野菜の中では、にんじんやかぼちゃが初めて与えるのにおすすめの野菜。

理由は、自然な甘みがあり赤ちゃんにも食べやすい味だからです。

逆に、ほうれん草や小松菜は少々苦味があるので、まだ野菜に慣れていない赤ちゃんには食べにくい食材。

トマトも酸味が強いので、いきなり取り入れると嫌がってしまう赤ちゃんが多いようです。

最初は甘みがあって食べやすい食材から始め、徐々に食材の幅を広げていくのがおすすめ!


また、きゅうりとレタスは、初期からOKという考えもあれば、中期以降が望ましいと、賛否が分かれる食材です。

ネットや本で調べてみても、初期からOKとしているものもあれば、中期以降になっているものもあり悩みますよね。

なぜこのように賛否が分かれるかというと、味にクセがあり、あまり赤ちゃんに好まれない食材というのが大きな理由。


初期から与えてもアレルギーさえなければ体に害は無いのですが、青臭さや苦味が強いので、あえて与える必要はないように感じます。

離乳食初期は食べることに慣らす時期。

栄養は母乳やミルクで十分足りる時期なので、バランスを考えて無理にいろいろな食材を食べさせる必要はありません。

食べやすい味のもの、赤ちゃんが好むものからあげていきましょう。


離乳食の野菜

離乳食初期に食べてはいけない野菜とは?

離乳食初期に食べられる野菜・おすすめの野菜を見てきましたが、ここで気になるのが食べてはいけない野菜。

知らずにうっかり…なんてことが無いように、こちらも確認しておきましょう!

離乳食初期に食べられない野菜

ねぎ ナス にら もやし ごぼう れんこん セロリ オクラ アスパラ ピーマン パプリカ 長芋 きのこ類全般



え!?食べられない野菜もこんなにあるの?と驚いた方もいるかもしれません。

味や風味が強いもの、繊維質で硬いもの、アクが強いものが離乳食初期に食べられない食材の特徴です。

食べられない食材の特徴を押さえておけば、自然と上記の野菜は避けられるので覚えておくと良いですよ!


長芋はアレルギーが出やすい食材です。

アレルギーが無い場合でも、口の周りにつくと長芋の成分が肌を傷つけてしまい、かゆくなったり肌荒れしやすいです。

初期に限らず慎重に進めるべき食材なので気をつけましょう。


スポンサーリンク


離乳食初期の野菜の作り方!

離乳食初期の野菜の進め方と食べられる野菜が分かったら、いよいよ残るは調理です!

どの野菜を、どんな風に調理すれば良いのでしょうか?

離乳食初期の野菜の具体的な調理方法をご紹介します。

野菜の調理方法、基本はこれ!

【ゆでる】→【潰す・すりおろす】→【のばす】

どの野菜でも、基本はこの流れです。

しっかり火を通してから、滑らかになるまで潰すもしくはすりおろします。

水分が足りないと離乳食初期の赤ちゃんには飲み込みにくいので、水分が少ないと感じたら食べさせる前に白湯や出汁でのばしてください。


スポンサーリンク


野菜別調理方法

にんじん・大根などの根菜

柔らかくなるまでしっかりと茹でます。

箸や竹串がすっと刺さるまでしっかり茹でるのがポイント。

茹であがったら、すりおろすか、茶こしなどに押し当てて裏ごしして完成です。

野菜そのものの水分で滑らかなペースト状になっていれば、湯でのばす必要はありません。

ほうれん草や小松菜などの葉物野菜

まずは茎の部分を取り除き、葉先のみ茹でます。

ほうれん草はアクがあるので、茹でたあと冷水にさらしてアク抜きをしましょう。

その後小さく切り、茶こしなどを用いて裏ごしします。

葉物野菜は、裏ごしすると量がかなり少なくなります。これっぽっちしかできないの!?と驚くかもしれませんね^^

多く作りたい場合には多めに茹でるのがおすすめです。

もし、裏ごしが大変と感じたら、茹でたあと水気を十分に切ってから棒状のまま冷凍し、使うときは少量ずつすりおろして使うという方法もあります。

どちらでもOKなので、やりやすいやり方で調理してくださいね。

じゃがいもやさつまいもなどの芋

柔らかくなるまでしっかり茹でたら潰してマッシュ状にしていきます。

すり鉢などで簡単にマッシュ状にできますよ(#^.^#)

マッシュ状のままだと、ボテッとして離乳食初期の赤ちゃんには飲み込みにくいです。

冷凍する場合にはマッシュ状のままでOKですが、解凍して食べさせる際には湯や出汁でのばしてあげると食べやすくなります。

  

かぼちゃ

芋類と同様に、茹でて潰します。

食べさせるときに水分が足りないと感じたら、水分を足してのばしてあげてください。


離乳食初期の野菜

トマト

トマトは、離乳食初期からでも非加熱で食べられる食材とされていますが、慣れないうちは茹でてから与えると安心です。

皮に切れ目を入れてから茹でると、自然と皮がめくれます。

茹でて皮を取り除いたら、中の種も取り除きます。

赤ちゃんにとって、種は消化しにくいものなので必ず取り除いてあげましょう

種をとったら、茶こしなどに押し当てて裏ごしします。

トマトは水分が豊富なので特にのばす必要はないでしょう。

調理した野菜の上手な冷凍保存術を知りたいあなたはこちら!
→ 離乳食には必須の冷凍術!保存から解凍方法まで一挙公開!

もし湯でのばしても赤ちゃんが飲み込みにくそうなときは、とろみをつけてあげるのもOK!

片栗粉、コーンスターチなどでとろみをつけることができます。

ドラッグストアの赤ちゃんコーナーや赤ちゃん用品店などに行くと、離乳食にとろみをつける専用の粉が販売されていますので、それを活用するのもおすすめです。


まとめ

初期の野菜の進め方についてまとめましたが、参考にしていただけたでしょうか。

初めての野菜デビューはあなたもドキドキですよね。でも難しく考える必要はありませんよ(#^.^#)


基本となるのは、初期から使える野菜を使用すること、赤ちゃんが食べやすいように調理してあげること、焦らずゆっくり進めていくこと、この3つです。

基本さえしっかり押さえておけば、あとは赤ちゃんとあなたのペースで大丈夫。

肩の力を抜いて、楽しみながら進めていってくださいね!


スポンサーリンク