生後5ヶ月〜6ヶ月頃になると、多くの赤ちゃんが離乳食を始める時期ですね。

でも、どれくらい食べさせればいいのか分からない!進め方が分からない!なんて、あなたも悩んでいるのではないでしょうか。

初めての離乳食は誰でも手探り、分からなくて当然です。

そこで今回は、離乳食初期の目安量と増やし方、食べてくれない時の対処法までをまとめてみました。

離乳食を始めようと考えているママ必見ですよ!



離乳食初期の量の目安とは?

まずは離乳食の量から。

離乳食初期は、何をどのくらい食べられるのでしょうか?

離乳食スタートから1ヶ月の食品別の目安量は以下です。

基本の10倍がゆ

離乳食初期は、消化に良い10倍かゆからスタートします。

初日の10倍かゆの量は小さじ1(約5ml)。

ここから徐々に量を増やしていきます。

離乳食開始から1ヶ月の時点で、小さじ5を目安に進めていきます。

ビタミン・ミネラルの野菜類

離乳食をスタートさせて2週目に入ったら、10倍かゆと並行して野菜類もスタートさせます。

初日は小さじ1から始め、離乳食開始1ヶ月目で、小さじ3ほど食べられるようになっているのが目安です。


スポンサーリンク


たんぱく質の豆腐など

たんぱく質は、まだ消化機能が未熟な赤ちゃんにとっては負担のかかる食品です。

内蔵に負担をかけないよう、少しずつ慣らしていく必要があります。

初期は肉や卵は食べられませんので、豆腐や魚で慣らします。

始める時期は離乳食をスタートさせて3週目に入ってから。

小さじ1からスタートし、1週間で小さじ3まで増やします。

  • 離乳食開始から1ヶ月時点でのメニュー1例
  • 10倍かゆ小さじ5/にんじん小さじ2・ほうれん草小さじ1/豆腐小さじ3



このように、離乳食開始から1ヶ月ほどで、トータル小さじ10、子供茶碗にすると3分の1位食べられるようになるのが目安です。

これくらい食べられるようになったら2回食へと移行していきます。

間違えやすい!小さじ1とは計量スプーンの小さじ1!

離乳食開始時にうっかり間違えてしまいやすいのが小さじ1の解釈。

小さじ1とは、料理に使う計量スプーンの小さじ1のこと。

赤ちゃん用スプーン1さじのことではありません。

赤ちゃん用スプーンで計算して進めていくと、量が少なすぎて全然進まないので要注意!小さじ1は赤ちゃん用スプーンに換算すると5口くらいです。


たんぱく質についてはこちらで詳しく紹介しています。
→ 離乳食初期!たんぱく質の適量や調理方法とは?


離乳食初期の量の増やし方とは?

離乳食初期の目安量を見てきましたが、量の増やし方をもっと詳しく知りたいですよね!

ポイントを押さえながら、量の増やし方を確認していきましょう。

  • 小さじ1ずつ増やしていこう!
  • 離乳食の増やし方の基本は小さじ1ずつです。順調に進んでいても、急激に増やすのはNG

  • 同じ量を2〜3日続ける
  • 離乳食は毎日量を増やしていくのではなく、慣らすために同じ量を2〜3日続けます。

    同じ量で様子を見て、アレルギーや体調不良がないことを確認したら量を増やすようにしましょう。

  • 初めての食材は単品で
  • 初めて食べさせる食材は、アレルギーの有無を確認するために必ず単品で食べさせます。

    他の食材に混ぜ込んだり、1回に2種類以上新しい食材を取り入れるのはNGです。


量の増やし方の1例

  • 離乳食開始1日目…10倍かゆ小さじ1
  • 離乳食開始4日目…10倍かゆ小さじ2
  • 離乳食開始7日目…10倍かゆ小さじ3
  • 離乳食開始10日目…10倍かゆ小さじ3/野菜小さじ1



上記は1例ですが、このように2〜3日かけて、小さじ1ずつ増やしていくのが理想的です。

赤ちゃんが欲しがっても、急激に量は増やさない!

赤ちゃんが離乳食を喜んでパクパク食べてくれると、あなたも嬉しくなってしまうと思います。

時には食べ終わってもまだ欲しそうにお口をあけたり、泣いて要求することも…。

でも、ここで赤ちゃんの要求に応えて量を増やすのは厳禁!

まだ消化機能が未熟な赤ちゃんにとって、急激に量を増やすのは負担が大きいです。

赤ちゃんはまだ自分で食べる量をコントロールできません。

あなたがしっかりペースを守って進めていってくださいね!


離乳食の量

離乳食初期に量が増えない原因

離乳食の進め方を勉強をして、いよいよ離乳食が始まった!でも、いざ離乳食を始めてみるとなかなか食べる量が増えない、進まない…。

そんな悩みを抱えるママは少なくありません。


実際、私もその中の1人でした。

頑張って作った離乳食を食べてもらえないと、がっかりしたり不安になったりしてしまいますよね。

では、いったいなぜ離乳食を食べてくれないのか。

実は、赤ちゃんが離乳食を食べないのには様々な理由があるんです!

当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

おなかがすいていない

基本的なことで、ついつい見落としてしまいがちですが、おなかがいっぱいという事はありませんか?

まだ満腹中枢が未熟な赤ちゃんですが、それでもある程度おなかが膨れていれば食べようとしません。

授乳からあまり間隔を空けずに与えている場合は、少し離乳食の時間をずらしてみてください。

おなかがすき過ぎている

離乳食初期の赤ちゃんにとっては、ご飯 = 母乳やミルク

まだ離乳食が空腹を満たしてくれるものだとは、理解できていません。

そのため、空腹がピークだと、「これじゃない!おっぱい!ミルク!」となってしまい離乳食を食べてくれない場合があります。

食べてくれないから、しっかりおなかをすかせてから…と空腹時を狙うと、かえって拒否されてしまうケースは多いのです。

離乳食を食べさせるには、授乳と授乳の間が1番おすすめですよ。

食材の食感がイヤ

今まで液体しか口にしたことのない赤ちゃんにとって、離乳食はいつもと少し違う舌触りです。

そのため、びっくりして嫌がってしまう赤ちゃんもいます。

特に、最初の10倍かゆは、お米のつぶつぶが残っていると食べてくれない赤ちゃんが多いです。

少し大変かもしれませんが、10倍かゆは裏ごししてできるだけ滑らかにしてあげてください。

つぶつぶが減ると食べてくれる場合もありますよ!

おなかの調子が悪い

離乳食が始まると、腸内環境が変わってきます。

赤ちゃんの便の様子はどうですか?下痢はもちろん、逆に便秘になってしまっている場合もあります。

おなかの調子が悪ければ食も進みません。

いつもと変わったことがあれば、無理に進めないようにしましょう。

まだ食べ物に興味がない

離乳食を始めてみたけれど、実はまだ食べる事に全く興味がなかった!なんてこともあります。

そんなときには、あなたが目の前でお口をもぐもぐしてあげるなどして興味をもたせてあげましょう。

また、大人の食事風景をしっかり見せるのもいいですね。

オーバーリアクションするより、本当に普段通り、おいしそうに笑顔で食べている姿を見せてあげた方が効果的です。


離乳食の増やし方

食材の彩りが好みじゃない

そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、赤ちゃんは意外と敏感です。

例えば、盛り付けで10倍かゆの上ににんじんを乗っけたことが、赤ちゃんにとっては嫌だったということもあるのです。

おかゆとおかずを混ぜないでほしい赤ちゃん、逆に、彩りよく明るい色味にしておかないと食べない赤ちゃん…など、見た目の好みがある場合もあります。

たまには、盛り付け方を変えてみると反応が変わるかもしれません!

椅子に座りたくない

離乳食は椅子に座らせて食べさせるイメージですが、まだ椅子に座ることに不安感を感じる赤ちゃんもいます。

ママが大好きで、ママから離れたくない!と思う赤ちゃんも。

離乳食初期は、食べることの楽しさを知る期間なので、安心して楽しく食べることが最優先です。

ママの抱っこなら離乳食を食べてくれる場合もあるので、椅子にこだわらず、赤ちゃんが安心できる場所で食べさせてあげてくださいね。

ママの雰囲気がこわい

実はこれ、けっこうあるあるです^^

子供に離乳食を食べさせていたときに、私が主人から言われた言葉がこれ。「ママ顔怖いよ…。」

このときハッとしました。食べさせることに必死になっていて、知らず知らずのうちに鬼の形相で食べさせていたようです(-_-;)

赤ちゃんはママの焦りやイライラを敏感にキャッチします。

離乳食のときにあなたがイライラしていたり、こわ〜い雰囲気だったりするともちろん食べてくれません。

食べてくれなくても焦らずに、笑顔で接してあげることが大切です。


このように、赤ちゃんが離乳食を食べてくれないのには、驚くほど様々な理由が有ります。

でも、時にはどんなに工夫をしてみても食べてくれないときもあるでしょう。

そんなときは、1度離乳食をお休みしてみてください。まだ赤ちゃんの準備が整っていないのかもしれません。

1週間ほど間をあけてから再チャレンジすると、急に食べてくれるようになることもありますよ。

なかなか食べてくれないとママも不安になると思いますが、いずれにせよ焦る必要はありません。

離乳食初期の赤ちゃんは、母乳やミルクをしっかり飲んでいれば、栄養失調になることは絶対にないです!

初期の離乳食は栄養を補うためのものではなく、練習期間。のんびり進めていきましょう!


スポンサーリンク


まとめ

離乳食初期は、焦らず進めていくことがポイントです。

赤ちゃんの体に負担をかけないよう、目安を参考に、数日かけて少量ずつ、ゆっくりと増やしていくのが基本。

もし、赤ちゃんの体調に変化があったときや、離乳食を嫌がるときは、無理をさせる必要は全くありません。

赤ちゃんによって食べられる量やペースは異なります。

あなたの目でしっかりと赤ちゃんのペースを見極めてあげることがなにより大切なこと。

赤ちゃんと二人三脚で、楽しみながら進めていってくださいね!


スポンサーリンク