あなたの赤ちゃんは、離乳食を食べさせるとえずいたり吐いたりしませんか?

私の赤ちゃんは、離乳食を食べさせると良くえずいたり吐いたりしてました(;´Д`)

先輩ママさんとかに聞いても、「赤ちゃんは吐きやすいから!」と言われても、大量に吐かれたときにはさすがに心配になりますね


そこで今回は、赤ちゃんが離乳食でえずいたり、吐く原因や病気との関係を紹介します

まずは、なぜ吐くのか、その原因を見ていきましょう!



離乳食を食べるとえずく・吐く原因とは?

赤ちゃんがよく吐いてしまうのは、実は胃の形が原因です!

大人の胃の入り口はきゅっと閉まるようになっていて、胃の中に入っているものが簡単には吐き出されないようになっています。

しかし、赤ちゃんの胃には、くびれがありません。

さらに、入口の筋肉もまだ発達していないため、緩く開いている状態。

ようするに、筒状になっているため、少しの刺激で胃の中のものが外に出やすいのです(;゚Д゚)!


また、胃の容量もまだまだ小さく、ちょうど離乳食期(6~12か月)の赤ちゃんだと200ml~300mlほど。

1回の食事量+母乳やミルクを足して、この量より多くなるとお腹が苦しくなり吐いてしまうことも。


離乳食でえずく


そして、えづく原因の一つとして舌触りが嫌だったり、飲み込みづらいがあります

ホウレンソウ、キャベツなど葉物のベラッとした物で嘔吐するときは、繊維を断ち切るように細かくしてあげてください。

根菜などのゴロゴロした触感が苦手な場合は柔らかく煮る。

魚や肉などパサつきが残るような食材は片栗粉でとろみをつけると食べやすくなります。

※ただし、片栗粉はジャガイモが食べられるのを確認してからにしてください。(ジャガイモによるアレルギーがある赤ちゃんには使用出来ません)


スポンサーリンク


離乳食を食べすぎて吐くのは大丈夫?

先ほども述べたように、赤ちゃんの内臓は未発達です。

赤ちゃんの胃は口の閉じていない風船のようなものだと考えてください。

風船に水を入れ、風船を抑えると水がどんどん出てしまいますね。


赤ちゃんも同じです。お腹に食べ物をどんどん押し込んだ後、体勢を変えたり、抱っこをしたりすることで胃が刺激され、嘔吐してしまうのです。

また、胃の大きさに対して多すぎる食べ物を入れると、しんどくなってしまいます。

そして、「もうたくさんだよ。いらないよ」と吐いてバランスをとるのです。


たくさん食べて吐いてしまったときは、

  • その後続けて吐くことがないか?
  • 熱はないか?
  • 便や尿はいつも通りか?
  • 機嫌は悪くないか?
  • しばらくするとのどの渇きを訴えたり、おなかがすくか?

など様子をみてください。

後普段通りにしているようであれば心配ありません。

離乳食を与えるペースをゆっくりにし、少し量を加減しましょう。

量の加減の仕方がわからないときは、基本的な量を見直してみます。

食べすぎで吐くことが多い月齢は9ヶ月~2歳半くらい。

離乳食後期(9か月~11か月)の食事量の目安は、

  • 全粥90g~軟飯80g
  • 野菜・果物30~40g
  • 魚15g・肉15g・豆腐45g卵1/2個・乳製品80g(いずれか一品)



この量が1回分の食事の目安。

あくまで目安ですので、赤ちゃんによっては「こんな量じゃ足りないよ」という子供もいると思います。

 
ちなみに、目安の量を5~10分でぺろりと食べている場合は、丸飲みしているか、固さがあっていないか、量が足りていないかの可能性があります。

赤ちゃんには奥歯がないので、噛み砕くことが出来ずに丸飲み。

そのため、食べるペースが早くなり、頭が満腹の伝達を送るより早くお腹に食べ物を詰め込む。

たくさんの量を胃に詰め込んだ結果、吐いてしまう…。


食べすぎが原因で吐くときは、離乳食を食べさせるペースをゆっくりにするのが効果的!

20~30分くらいかけてゆっくり食べられたら、2~3時間その分量でおなかがもっているか確認。

2~3時間ほどご機嫌だったら量は足りていますよ!


また、固さが赤ちゃんにあっていないのも吐く原因。

この時期の柔らかさは歯茎でつぶせるかたさです。

固さがあっていないと、丸飲みにした食べ物が細い食道を通りきれずに、食べ過ぎでなくても吐くことがあります

さて、今赤ちゃんが食べている量、硬さはどうですか?

食べるペースが早すぎる場合は、固さや量を見直してみてくださいね。

固さについてはこちらが詳しいので、参考にしてくださいね
→ 離乳食の固さはどれくらいが適切?月齢別に詳しく紹介!

離乳食を吐くのとアレルギーの関係は?

アレルギーも赤ちゃんが離乳食を吐く原因の一つ

赤ちゃんの消化器官で異常が出ると吐くことがあります。

特定の食べ物で吐く場合はアレルギーに反応しているかもしれません。


アレルギーの原因となる食べ物を体内に入れたとき、うまく消化することが出来ず、体外に排出しようとするのです。

アレルギーが原因で吐くときは、その原因となる食べ物を食べてから数分ほどで吐きます。

食べたものを記録しておき、早めに病院を受診しましょう。


スポンサーリンク


大量に吐くと病院は必要?

 
赤ちゃんが大量に吐くと、慌てると思いますが、落ち着いて状況を判断してください。

大量に吐いても、いつも通りなら、しばらく様子を見ていても大丈夫。

観察の仕方としては…

  • 何を食べたか?
  • 何回くらい嘔吐したか?
  • どのくらいの量か?
  • 熱や下痢はないか?
  • 咳き込んではいないか?



ただし、次のような様子が見られたら病院で診てもらいましょう!

  • 噴水のように吐く
  • 食後しばらくしてから吐いた
  • 嘔吐物の色が食べたものの色と違う
  • 吐き続ける
  • 水分が取れない
  • 下痢を伴ったり、激しい腹痛がある(泣いて訴えます)
  • 赤ちゃんの機嫌が悪く、ずっとぐずっている。ぐったりとしている



離乳食で吐く

まとめ

赤ちゃんが吐くと、あわててしまいますね。

でも赤ちゃんの様子をしっかりと観察してください。

赤ちゃんの「いつもの状態」を知っているのはいつもそばにいるあなたです。

吐いた後も赤ちゃんがいつも通りの様子を見せてくれているかそうでないか、その見極めをすることがポイント!


スポンサーリンク