離乳食を始めると育児書や離乳食雑誌にも載っていないような問題が起こったり、疑問が出てきたりしますよね。

私も離乳食でには、かなり苦労しました方ですが、あなたも、

  • 「離乳食を食べないけど、いくつまで大丈夫なの?」
  • 「旅行に連れて行くときの離乳食はどうすればいいの?」
  • 「育児本の時間は守るべき?」
  • 「離乳食には何茶がおすすめ?」

などなどで、悩んでいませんか?

そこで今回は、離乳食の進め方で今更人には聞けない悩みについて紹介していきます!



離乳食を全く食べない!いつまで大丈夫?

結論から言うと、いつまでも食べない赤ちゃんはいないので、食べるようになるまで待っても大丈夫です!

はじめの数ヶ月食べなくても、いつかは必ず食べてくれます。


と言っても、「全くあげない」はいけませんよ!

おいしそうに食事する風景をみせたり、1口2口でも食べさせたりと、食事に興味関心を持ってもらうことは大事。

5、6ヶ月の離乳食を嫌がったり食べないのは、まだ離乳食に食べ物に慣れてないだけの可能性があります。


また、ベタベタした食感などが嫌で食べない赤ちゃんもいますよ。

あまり食べないからといって、月齢があがっても同じ形状のものを食べさせるのではなく、形状をかえたり、思い切って少し段階を進めてみるのも手!

柔らかいご飯を一口サイズのおにぎりにしたり、野菜をスティックに切って煮たものなんかだと、自分で握って食べるかもしれませんよ(*^-^*)

離乳食を食べない原因についてはこちらが詳しいです!
→ 離乳食を食べない原因とは?役に立つ対策と工夫はあるの?



1歳を過ぎても食べない赤ちゃんであれば、離乳食ではなく思い切って普通食だと味もあって食べることも!

離乳食雑誌や育児書に載っているのは、あくまで目安です。

赤ちゃんがどんなものなら食べるのかを、探してみてくださいね。


離乳食の進め方


ただ、食べてくれないのに頑張って離乳食を作る、のはストレス…。

あなたや兄弟が食べるのを見せながら、1さじ2さじ食べさせてみてください。

もちろん月齢やアレルギーもあるので、すべては無理でも、ご飯だったり、汁物、煮物の野菜だと味見程度に食べさせてあげられます。

これならわざわざ作る手間も省けるし、「せっかく作ったのに、食べない~!!」と悩むことも減りますね。

離乳食作りのストレスを減らす方法はこちらで詳しく紹介しています。
→ 離乳食を作るのが苦手!時間がなくてもできる方法とは?



なかなか食べてもらえないと、あなたもストレスになってだんだん食事の時間が嫌に…。

ただ、大人だって食べたくない時もあれば、今日はこれを食べたい、なんて思うときもあります。

赤ちゃんだって同じ!

「食べたくないなら、今日はこれでおしまぁい(*^-^*)」なんて日があっても大丈夫ですよ!


スポンサーリンク


旅行中の離乳食中断はあり?

赤ちゃんが成長してくるとお出かけも少しずつ楽になり、普段の生活から少し離れて旅行なんてどうかしら?

と、そこで気になるのが赤ちゃんの離乳食。

旅行先では作るのは難しいし、かといって中断してもいいものなのか?と悩みますね。


結論を言うと、はじめて間もない頃(数さじ程度)なら中断しても問題ないです。

まだまだ始めたばかり。

旅行を赤ちゃんと楽しんで帰ってきてから、少し段階を落として再開してください。


問題は、2回食、3回食を食べている赤ちゃん。

この時期の赤ちゃんは、どれだけ離乳食に興味があるかによります。

例えば、離乳食の時間が待ち遠しくて喜んで食べているのであれば、旅行先でもぜひ食べさせてあげてください。

食べることが楽しくなってきているのに、旅行中は見てるだけ…は、さすがに可哀そうです^^


また、最近やっと少しずつ食べてくれるようになった。という赤ちゃんは中断すると、もしかしたら食べなくなるかもしれません。

旅行先で少量でもいいので、食べさせてあげているとその心配はないですよ。


嫌がってちっとも食べない、食べるより母乳やミルクが好きという場合。

旅行に行く期間にもよりますが、思い切って中断しても大丈夫!

楽しい旅行中に嫌々食べるよりは、思い切ってお休みして帰ってから再開!の方が、赤ちゃんもあなたもリフレッシュできますね。


ちなみに、赤ちゃんが欲しがれば、離乳食をあげてください。

レトルトでもいいし、あなたの分の料理で食べられそうな物をあげる程度でも大丈夫。

白ご飯にお湯や汁物をかけてふやかせば、おかゆやおじやに!

うどんなんかだと取り分けも簡単。

ただ、いつもと同じ量を食べるのは、ガラリと変わった環境では難しいです。

なので、食べたいくらい食べてあとは母乳やミルクで十分ですよ。


離乳食と旅行

本にかかれている時間は守るべき?

離乳食雑誌や育児書を読んでいると、だいたい1回食だと10時、2回食だと3時が増えて、3回食になると6時が増えて…というかんじに時間を書いていますよね。

でも、保育園に通っている場合を除いて、毎日同じ時間にというのはなかなか難しいもの。

実は、「食べる練習をするのが離乳食」なので、お腹が空いている時間にあげるのが大事!

母乳やミルクと離乳食の時間についてはこちらに詳しく紹介しています。
→ 離乳食と授乳の関係!いつまで続ければいいの?
→ 離乳食を始めたらミルクを飲まない!やめてもいいの?



私の経験ですが、だいたい朝○時に母乳をあげたら…と計算して次の授乳に重なるタイミングであげてました。

1回食だと9時~11時くらい、2回食だと2時~4時くらいとかなり幅がありましたが(;・∀・)

3回食は時間をずらしていると、私がずっとご飯の準備と片付けばかりしなければならず、授乳間隔関係なく大人と同じ時間に。


今でも1時間くらいの食事の前後はありますが、それほど大きく狂うこともなく生活してますよ。


スポンサーリンク


離乳食時のお茶は何茶がいいの?

離乳食が始まるまでは、母乳やミルクで水分がとれています。

離乳食もはじめのうちは、ほとんど水分のようなものなので、とくにお茶を飲ませなくても大丈夫。

また、お茶で栄養補給になることもありません。


お茶を飲ませる目的はあくまで「母乳やミルク以外の味を知ること」です。

お茶の種類としては、カフェインが入っていないものを白湯で薄めてあげるのがいいですね。

手頃で手に入りやすくておすすめが麦茶

他には、ルイボスティやベビー飲料として売られているお茶は飲ませて大丈夫ですよ。

番茶も飲ませて大丈夫ですが、タンニンと呼ばれる成分が多く入っているので、便秘になる可能性が(;´Д`)

ただ、タンニンは色々なお茶に微量ながら入っています。

入っているからといって、絶対に飲ませてはいけないものではありません。

あくまで成分が多めなので、気になるのであれば控えておいたらいいと思います。


大事なのは、どんなお茶でもベビー飲料以外は、白湯で薄めて飲ませることです。

お茶を作るときも、必ず一度沸騰させたお湯で作ってあげてくださいね。


離乳食とお茶

まとめ

離乳食を進めていくにあたっての疑問が少しでも解決できたでしょうか?

食事はこれから一生していくもの。

そんなに肩に力を入れなくても、過ぎてしまえば笑い話になることも多いです

「母乳やミルク以外の味を知ることが離乳食」と頭に置いて気楽に赤ちゃんとの離乳食を楽しんでくださいね。


スポンサーリンク