赤ちゃんが母乳やミルク以外で、はじめて口にする離乳食。

やはり1番心配なのはアレルギーではないでしょうか。


アレルギーとは、食べたものを体が異物として認識してしまい、体外に排出しようとして起こる反応のこと。

消化機能が未熟な赤ちゃんの場合は、この反応が起こりやすいです!

残念ながら、アレルギーの有無は、実際に症状が出なければ確認できません(;´Д`)

アレルギーがあるかないかわからないというのは、母親としては不安ですよね。

実際私も、離乳食を始めた頃はアレルギーに対する不安がたくさんありました。

  • アレルギーってどんな症状が出るの?
  • きちんとアレルギーを見分けられるか不安…
  • アレルギーが出たらどうしたらいいの?
  • アレルギーが出やすい食べ物ってあるの?



あなたもアレルギーについて、こんな疑問や不安を抱えてはいませんか?

そこで今回は、アレルギーの症状をはじめ、対処法や予防法などについてまとめました。

いざというときでも、きちんとアレルギーについて理解しておけば怖いものはありません!

まずはどんな症状があるのか、確認していきましょう!



アレルギーの症状とは?

ひとくちにアレルギーといっても、実は症状が様々。

アレルギーが出た時、症状を知っておかなかれば見過ごしてしまう可能性も。

アレルギーにはどんな症状があるのか、ここで覚えていってくださいね。


離乳食のアレルギー

蕁麻疹などの皮膚症状

  
食物アレルギーの反応として、1番多く見られるのがこの皮膚症状。

  • 皮膚が赤くなる
  • かゆみが出る
  • ポツポツと発疹が出る
  • 蕁麻疹が出る
  • むくみ



このような症状が皮膚に現れた場合にはアレルギーの可能性が高いです。

アレルギーの皮膚症状が最も出やすい部位は、口の周りや目の周りなど、顔。

しかし、顔以外にも、首、胸元、関節の裏側、手の甲や足の甲など、症状が出る部位は様々。

全身どこに出てもおかしくありませんから、赤ちゃんの体をよく観察してあげることが大切です。

粘膜の腫れ

アレルギーにより、粘膜の腫れが起こる場合もあります。

具体的には、

  • まぶたの裏側や目の内側
  • 頬の内側、唇の内側、舌など口の中
  • のど仏



このような個所に腫れが見られます。

ただ、このアレルギー反応は、部位を見てもらうとわかる通り、非常に見つけにくいアレルギー反応です。

一見すると気づかないような場所ですが、粘膜の腫れが起こると赤ちゃんも不快感を感じ、泣いたりいつもと違う様子が見られるはずです。

いつもは泣かないのに、食後に急に泣き出すなどいつもと違うところがあれば粘膜にアレルギー反応が出ていないか確認しましょう!

下痢・嘔吐

アレルギー物質を食べたとき、拒否反応として下痢や嘔吐を引き起こす場合もあります。

嘔吐は分かりやすい反応ですが、多くのママが判断に悩むのが下痢。


赤ちゃんのうちは、比較的便がゆるいのが普通。

離乳食が始まっていれば徐々に硬くはなりますが、普段から便がゆるめの赤ちゃんも多いです。

これは下痢なの?と判断に迷うときは、こちらを目安にしてください。

  • おしっこのようにおむつに染み込む便が出る
  • 水便が1日に5回以上出る



こうした症状であれば下痢だと思っていいでしょう。

 

アナフィラキシーショック

極めて強いアレルギー反応で、今まで見てきた症状に加えて、

  • 呼吸や心拍の乱れ
  • チアノーゼ
  • 痙攣
  • 冷や汗


 
こうした症状を同時に引き起こします。

アナフィラキシーショックの場合には、明らかな異変がいくつも見られるため、すぐに異常だと気づくことができます。

迅速な対応が必要!


こうしてみると、アレルギーってとても怖く感じますよね。

日中赤ちゃんと二人だけのときに、もしこんなアレルギー反応が出たら…。

そこで次は、アレルギーが出たときの適切な対処法を確認していきたいと思います!


スポンサーリンク


アレルギーが出た時の対処法!

アレルギー反応が出たときに大切なのは、やはり適切な処置。

落ち着いて正しい対応ができるかどうかがカギとなります!

アレルギーの症状別に対処法をまとめたので、さっそくチェックしていきましょう!

皮膚症状が出た場合

湿疹や蕁麻疹など、皮膚への症状が出た場合には、離乳食を中断し様子を見ます。

皮膚症状の場合は、数分〜数時間でやがて消えますが、様子を見てかゆみがひどかったり、なかなか症状が落ち着かない場合には病院を受診しましょう。

ポイント

皮膚に症状が現れると皮膚科を受診したくなりますが、皮膚科よりかかりつけの小児科を受診することがおすすめ。

アレルギー反応は体の内側から出るものなので、基本は内科の分野です。

もし近くに小児アレルギーを専門としている病院があれば、そちらを受診してもOKですよ。



粘膜の腫れが見られた場合

粘膜の腫れが見られた場合は、皮膚症状よりも重い症状と考えてください。

赤ちゃんによって程度の差がありますが、軽いものでも病院を受診しましょう。

下痢や嘔吐

下痢や嘔吐の場合は、アレルギーなのか風邪なのか素人では判断ができません。

ただ、下痢や嘔吐があると水分が体外に出されてしまいますし、赤ちゃんの負担も大きいです。

アレルギーかどうかわからなくても、迷わず病院を受診しましょう!

風邪についてはコチラに詳しく紹介しています。
→ 赤ちゃんが風邪をひいた!?離乳食はどうする?

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックと思われる症状が出たときには、非常に緊急性があります。 

症状が現れたらすぐに病院へ連絡をし受診してください。

呼吸の乱れなど、苦しそうな様子であれば救急車を呼んでかまいません。

また、アレルギーの原因となるものを体外に出してあげる必要があります。

医師の指示にしたがって、口に含んでいる食べ物はすぐに取り出してください。

その後、呼吸がしやすいように衣服をゆるめて寝かせてすぐに病院に行きましょう!


赤ちゃんのアレルギー


アレルギーの重さにより対応は変わりますが、共通して言えるのは病院受診が基本ということ。

自己判断は避け、医師の指示を仰ぐことが大切です。
 
皮膚症状など軽いものですぐ治まった場合には、緊急で受診する必要はありませんが、1度は病院で相談することをおすすめします。

軽い症状でも、放置してまた繰り返すようなことがあれば悪化してしまいます。

きちんと診察してもらう方が安心ですね。


ここで、病院を受診する前に、ぜひやっておいてほしいことがあります!

  • 症状の写真を撮影
  • 食べたものを詳しくメモ(何をどのように調理し、どれくらい与えたか)
  • 症状が出た場所、重さをメモ



アレルギーは時間が経つと消えてしまうため、いざ病院についたら反応が治まっている場合も少なくありません。

そんなとき役立つのが、その時の写真や詳しいメモ!

病院に行ったときにアレルギー反応が出ていなくても、その時の状況が詳しく分かっていればアレルギー検査をするなど対応してもらえます。

重度のアレルギー反応が起きている場合にはゆっくりメモをとることはできませんが、余裕があればきちんと記録しておきましょう。

また、日頃から離乳食のメニューを記録する癖をつけておけば、いざというときに役立つのおすすめです!


スポンサーリンク


アレルギーが出やすい食品

アレルギーの症状と対処法を見てきましたが、ここで気になるのがアレルギーが出やすい食品。

どんな食品に注意が必要なのか知っておくことで、慎重に与えることができますよね。

アレルギーが出やすい食品をまとめたので、ぜひ1度目を通してみてください!

  • 卵・乳製品・小麦
  •  これらは三大アレルゲンと言われ、アレルギーが起こりやすい食品です。
     月齢に合わせて慎重に与えましょう。

    卵についてはこちらに詳しく紹介しています!
    → 離乳食中期!アレルギーは大丈夫?気になる卵の進め方!


  • 大豆
  • 大豆もアレルギーが出やすい食品。

    大豆が使われている、醤油や味噌といった調味料にも注意が必要です。

  • 肉・魚などのたんぱく質
  • 消化機能が未熟な赤ちゃんにとっては消化しにくく、アレルギーの原因となりやすい食材です。こちらも食べさせる際には少量から、ゆっくりと与えていきましょう。

    たんぱく質についてはこちらで詳しく紹介しています。
    → 離乳食初期!たんぱく質の適量や調理方法とは?

  • エビ・カニ・そば・ピーナッツ
  • アレルギーが出たときに非常に強いアレルギー反応を示しやすく、重篤な症状に陥る可能性があります。

    離乳食期には与えないようにしましょう。



以上が注意の必要な食品です。

他の食品でもアレルギーが出ることはありますが、赤ちゃんのアレルギーのほとんどは上記の食品によるものです。

与えるときは慎重に、赤ちゃんの様子を見ながら与えてくださいね。


離乳食のアレルギー


アレルギーの予防法

最後にご紹介するのが、アレルギーの予防法。
 
え?アレルギーって予防できるの!?

まさに今、あなたもそう思われたのではないでしょうか。

結論から言うと、アレルギーを完全に予防することはできません。

しかし、アレルギーを出にくくする、出ても軽い症状で済むようにする方法はあるんです!

  • 調理の段階できちんと加熱する
  • アレルギー反応は、非加熱のものほど出る可能性が高くなるため、加熱することによりアレルギーを防げる場合があります。

     

  • 初めての食材は少しずつ与える
  • 少量ずつ与えれば、例えアレルギーがあったとしても重篤な症状に陥るのを避けることができます。

  • たんぱく質は焦らず慎重に進める
  • たんぱく質は消化しにくく、アレルギー反応が出やすい食品。赤ちゃんの成長に合わせてゆっくり進めることでアレルギーのリスクが低くなります。

  • ひとつの食材を過度に与え過ぎない
  • ひとつの食材を毎食与え続けるとアレルギーを引き起こす可能性があると考えられています。

    アレルギーの有無に関わらず偏食は良くないので、バランスよく食べさせることが大切です。



上記の4つの項目をしっかり守ることで、アレルギーを出にくくしたり、症状を緩和することができます。

もうお気づきだと思いますが、どれも離乳食の基本ですよね。

離乳食の進め方は、アレルギーを考慮した進め方なんです。

アレルギーを少しでも防ぐためには、このように離乳食の基本的な進め方に沿って、ゆっくり進めていくのが重要と言えるでしょう。

月齢別の離乳食の進め方の基本はこちらが詳しいです。
→ 離乳食の進め方!4つのステップの基本と目安を一挙に紹介!


さいごに

いかがでしたか?

あなたの疑問や不安を少しでも解決することができたでしょうか。

もし、あなたの赤ちゃんにアレルギーが出ても、落ち込む必要はありません。

赤ちゃんの時期にアレルギー反応が出ても、成長するにつれて軽くなったり、アレルギー反応が出なくなる場合も多いのです。

大切なのは、自己判断をせず、医師の指示を仰ぎながら対処していくこと。

医師と相談しながら適切な対処をしていけば、必要以上に不安視することはありません。


また、アレルギーを心配して、過度に食事制限をしてしまうのも良くないこと。

成長期の赤ちゃんにとっては様々な栄養素が必要です。

アレルギーに神経質になり過ぎず、バランスの取れた離乳食作りを心がけていきましょう!


スポンサーリンク