離乳食が後期に入る頃に、多くのママが悩まさせるのが「遊び食べ」

今まで大人しく座ってパクパクと離乳食を食べてくれていた赤ちゃんが、急に食べ物で遊ぶようになってしまったというお悩みあなたもありませんか?

実は私も遊び食べには悩まされた一人(;´Д`)

  • 食べ物を手でぐちゃぐちゃにしてしまって大変…
  • 毎回お皿をひっくり返されてイライラ!
  • 座って食べてくれなくなった…しつけはするべき?



頑張って作った離乳食も、ぐちゃぐちゃにされたりひっくり返されたりすると悲しい気持ちになりますよね(-_-;)

それが毎回続くと、だんだんイライラしてきてしまう…。

時には、私のやり方が悪いんじゃ…なんて自分を責めてしまうこともありますよね。

こんな気持ちでは、毎日の離乳食を楽しむことができません!

そこで、あなたのそんなお悩みを解決すべく、遊び食べの対処法を調べてみました!

気になるしつけのあり方や、遊び食べの時期に使える便利グッズもまとめてみたのでぜひ参考にしてくださいね!



赤ちゃんはなぜ遊び食べをするの?

赤ちゃんの多くは、生後9ヶ月頃から遊び食べをする時期を迎えます。

遊び食べもなく、ずっと離乳食が順調だったという話はあまり聞きませんから、遊び食べが激しくても不安になる必要はありません。

では、赤ちゃんが遊び食べをするのはいったいなぜなのでしょうか?


実は、遊び食べも立派な成長の証なんです!

今まで、ただ食べさせてもらっていただけの赤ちゃんが、自発的にアクションを起こせるようになったのは素晴らしい事。

味覚だけでなく、視覚や触覚を使って食事を楽しんでだり、遊び食べをする中で、自ら食べようという意欲につながっていくこともあります。

遊び食べと聞くと良くないことのように感じられるかもしれませんが、赤ちゃんにとっては喜ばしい成長なんですね。


とはいえ、遊び食べの時期はあなたにとってはとても大変!

この時期を乗り越える対処法が知りたいですよね。

では、さっそく詳しく対処法を見ていきましょう!


スポンサーリンク


離乳食で遊ぶときの対処法

遊び食べの代表的な行動が、食べ物を手でぐちゃぐちゃしたりこねたりすること。

やりはじめると、一向に離乳食が進みません(;・∀・)

でも、ちょっとした工夫をするだけで、赤ちゃんの集中力があがることもあるんです。

離乳食の際は、こんなことに気をつけてみてください!


離乳食の遊び食べ

食事のリズムをしっかりつける

離乳食の時間を決めて、毎日だいたい同じ時間に食べさせてあげましょう。

離乳食の時間にバラつきがあると、赤ちゃんも遊びから食事へ気持ちの切り替えができません。

また、空腹の時間を逃してしまえば、当然食は進みません。

一度スケジュールを立てて、食事のリズムをしっかりつけることが大切です!

おもちゃはきちんと片付けてから!

離乳食を食べさせる際、おもちゃが片付いていなかったり、赤ちゃんから見える場所に置いてあると、遊びたいという欲求が勝って食事に集中できません。

離乳食の前には、きちんとおもちゃを片付けましょう。

離乳食の硬さや大きさをチェック

食材の硬さ・大きさは、赤ちゃんの成長に適したものになっているでしょうか?

この時期の赤ちゃんは、お口の中がとても敏感です。

食べたとき、食材が硬すぎたり、逆に柔らかすぎると嫌がって食べてくれません。

同様に、食材の大きさも重要。大きくて食べにくいのも、小さすぎて食べごたえがないのも嫌がることがあります。

その結果、集中できずに遊びだしてしまいます。

赤ちゃんの月齢や好みに合わせ、食材の硬さを変えていきましょう。

   

食事のイスは遊びに使わない

離乳食に使うイスは、食事専用にするのがおすすめ。

普段、絵を描くときなど遊びに使っているイスと食事のイスはできたら別のものにしましょう。

遊びに使っているイスでご飯を食べると、赤ちゃんにとっては食事も遊びの延長になってしまう場合があります。

イスを使い分けることで、今は何の時間なのか、赤ちゃんにも伝わりやすくなります。


また、食事のイスは足が宙ぶらりんにならず、床にしっかりと着くものがおすすめです!

足が床に着いていることで、踏ん張ることができてしっかりと顎を使って噛めるそうです。

   

時間を決めて切り上げる

赤ちゃんの食事への集中力は5分〜10分程度と言われます。

できるだけ食べてほしくて離乳食の時間を長く取りがちになっていませんか?

長くても30分程度で切り上げるようにしましょう。

スパッと切り上げることで、次の食事の時間までには十分にお腹が空いてしっかり食べられる場合もありますよ。

手掴み食べのメニューを取り入れる

もし、手掴み食べができそうであれば、手掴み食べのメニューを取り入れてみてください。

おやきやスティック野菜などがおすすめです。

自分で持って食べられるメニューは赤ちゃんも喜びますし、食べる意欲を引き出す効果もあるのでおすすめです。

 
この中にまだ実践していないことがあれば、ぜひ次の離乳食から取り入れてみてくださいね!


離乳食の遊び食べ

歩き食べの対処法

続いては、離乳食を座って食べてくれないときの対処法です。

基本的には、食べ物で遊んでしまうときと同じことに気をつけますが、それに加えてこんなことも大切になります。

ママも座って一緒に食事

離乳食中はあなたも一緒に座って、食べる姿を見せてあげてください。

あなたがおいしそうに食べていれば、赤ちゃんも食事への興味が強くなります。

また、離乳食中はあなたもできるだけ立ち歩かないようにしましょう。

赤ちゃんは大人の様子をよく見ています。

良いお手本となってあげてくださいね!

  

食事の前におむつ交換

食事の前には、おむつが汚れていないかチェックしておきましょう。

おむつが汚れていると、不快感からじっと座っていられない場合があります。

食事中に排泄があった場合は仕方ないですが、離乳食前におむつが汚れていたら、そのままにせず、取り替えてから離乳食を食べさせてあげましょう!


遊び食べ


上記のことに気をつけるだけで、前より落ち着いて離乳食が食べられる場合があります。

しかし、それでも立ち歩いてしまう場合はどうしたらいいか悩みますね。

歩きながらでも食べさせた方がいいのか、イスに座らないなら切り上げるのか…。

実際に、私の子供も歩き食べが非常にひどく、イスに座って1口食べるのが精一杯、あとは歩きながらじゃないと食べない…という時期がありました。

今では笑い話ですが、当時はものすごく悩んだものです。

この歩き食べへの対処については、調べてみても意見が分かれています。

「まだしつけはできない時期だから、歩きながらでも仕方ない。」

という意見もあれば、

「今許してしまうと癖になる。歩きながら食べるくらいならおしまいにするべき。」

という意見もあり、難しいところですよね。


これについては、どちらが正解、と決めることはできません。

ですが、私の場合は、前者の考えに近く、歩きながら食べてしまうのは時期的に仕方ないことと考えて対応しました。

ただ、必ず守っていたルールがあります。それは、

  • 必ず1度はイスに座らせ、いただきますをすること
  • 30分以内には終わりにすること



この2つです。

例えイスに座って食べてくれないことが分かっていても、諦めるのは良くないと思い、必ず最初はイスに座らせて「いただきます」をしていました。

また、追いかけて食べさせるときは、長くても30分で終わりにするよう心がけました。


このように対応しているうちに、徐々に座って食べられる時間が長くなり、歩き食べがひどかった子供も現在は最後まで座って食べられるようになっています(#^.^#)

あくまでも私のやり方なので、これが正しいという訳ではありませんが、いずれにしても、最初は必ずイスに座らせることと、時間を区切ることが大切だと思います。

これから言葉の理解が進んでくれば、言い聞かせると理解してくれるようになってきますから、焦らずに長い目で見てはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


  

しつけは必要?

ここまで、赤ちゃんが食べ物で遊んでしまう場合と、歩きながら食べてしまう場合の対処法を見てきました。

やはり、遊び食べをする時期というのは、赤ちゃんにとって大きな成長の時期なので、しつけを焦る必要はありません。

とはいえ、あまりに度が過ぎているときは、いけないことと教えてあげる必要があまります。

例えば、

  • 周りの反応をみてわざと食べ物を口から出す
  • 何度も何度もお皿をひっくり返したり、わざと床に落とす
  • 寝転がって食べている



このようなときには、きちんとNGサインを出してあげることも必要!

ここで大切なのが、きつく叱らないことと、オーバーリアクションをしないこと。

いけないことだと伝えるのは大切ですが、叱ってしまうと離乳食が嫌いになってしまう可能性があります。

また、赤ちゃんに分かりやすいようにと、あなたが泣き真似をするなどのオーバーリアクションをしてしまうと、遊んでもらっていると勘違いして繰り返してしまうことがあるのでおすすめできません。

ベストな対応は、落ち着いた声で、優しく「ダメだよ」と繰り返し教えてあげること。

すぐには理解できませんが、繰り返していくことで赤ちゃんも覚えていってくれます。

赤ちゃんの成長は全て毎日の積み重ねです。

焦らずに根気よく付き合ってあげてくださいね。


遊び食べ対策の便利グッズ!

最後に、遊び食べの時期に便利なグッズを紹介したいと思います!

新聞紙やレジャーシート

遊び食べが激しい時期は、食べこぼしで床がすごいことになりますよね…。

そんなとき、新聞紙やレジャーシートを敷いておくと床の汚れも心配いりません。

新聞紙の場合は、丸めてポイで後片付けが完了するのでおすすめです!

離乳食専用で、箱型になっているシートも売られています。

赤ちゃんが汁物をよくこぼしてしまい、広範囲に飛び散ってしまうときには箱型のシートが役立ちそうですね!

ビニール製のスタイ

離乳食の際は服が汚れないようにスタイを着けると思いますが、このスタイを布製ではなくビニール製のものにすると、洗うのが簡単になります。

中には、離乳食専用で、スタイの下の部分に受け皿がついていて食べこぼしをキャッチできるようになっているものもあります。

食べこぼしが多い時期には重宝しますよ!

ちなみに、こちらのスタイは、ポケットがしっかりと形になっているので、他のスタイよりも食べこぼしキャッチ率が良かったですよ^^



こうしたグッズを活用して、少しでもあなたの負担を軽くしながら遊び食べの時期を乗り越えていきましょう!


まとめ

いかがでしたか?

遊び食べのお悩みは解決できたでしょうか。

遊び食べの時期はとても苦労することと思います。

しかし、遊び食べも大切な成長のひとつ!

あまり悲観的にならず、おおらかに見守ってあげることが大切。

きつく叱ることは絶対に避けてくださいね。


また、遊び食べは永遠に続くわけではありません。

遅くても2歳頃には落ち着くものです。

今は辛く感じられるかもしれませんが、「あのときは大変だったな!」と笑い話にできる日があなたにも必ず来ます!

食べさせなきゃ、しつけもしなきゃ、と気負うのではなく、繰り返していればそのうちできるようになる!という気持ちで前向きに頑張っていきましょう!


スポンサーリンク