「離乳食をはじめたいけど、はじめるタイミングが分からない…。いつからが正解なの?」なんて、あなたも悩んでませんか?

私も同じように、いつはじめるのが、赤ちゃんにとってベストなのか、かなり悩んだ経験があります。


離乳食をはじめる


早すぎても、胃腸などの器官が育っていなくて負担をかけそうですし、遅かったら成長に悪い影響が(;´Д`)

しかし、先輩ママさんや自治体に聞いた結果、離乳食についてはかなり詳しくなりましたよ!

そこで今回は、離乳食をはじめるタイミグで大切な4つのポイントを紹介します!

  1. 離乳食をはじめるタイミングのはかり方
  2. 離乳食のスケジュール
  3. 離乳食のステップアップ
  4. 離乳食をスムーズに進める

この4つについて、それぞれ大切なポイントを経験談も交えて、分かりやすく説明してますね^^

まずは、一番の悩みであるはじめるタイミングについて、さっそく見ていきましょう!


離乳食をはじめるタイミングをはかるポイントとは?

一般的に、離乳食をはじめる目安は生後5~6ヶ月と言われています。

ちなみに、我が家の場合は生後5ヶ月に入る1週間前から、重湯(おかゆを炊いた際の上澄み)を大さじ1程度からはじめました。

私の仕事復帰のスケジュールもあったので、ちょっと早めのスタートですね。


ただ、この時期の赤ちゃんは成長に個人差があるので、次のポイントを見極めてスタートしてください!

離乳食をはじめるタイミングの見極めポイント!
  • スプーンを入れても口を閉じて拒否したりせず、すんなりと受け入れられる
  • 大人が食べているのを目で追う
  • 腰が据わってきていて一人で座れる、もしくは支えがあれば座っていられる



最近では、子供個人のペースもあるので、6ヶ月頃までゆっくり様子を見ることも多くなってきました。

月齢はあくまでも目安ですので、赤ちゃんの状態を見て、ゆっくり焦らずに進めてあげてください。


スポンサーリンク


離乳食の1日のスケジュールは?

さて、離乳食を始めるにあたって、一番最初に考えなければならないのが「いつ食べさせるかですね。

離乳食を始める頃には、授乳が3~4時間に1回になっている子供も多いと思います。

基本的なスケジュールは、授乳時間のうちの1回を離乳食に置き換えてください


ただし、初めて食べさせる食材はアレルギー反応が心配

1回食の離乳食を食べさせるのは、小児科にいつでもかかれる時間帯が安心です!

万が一アレルギー症状が出た場合は、すぐにかかりつけの小児科に相談してくださいね。


離乳食でアレルギー


モデルケースとしては、朝の授乳を済ませてから3~4時間後(だいたい10時頃の場合が多いですね)の授乳を離乳食に置き換えましょう。

我が家の場合は、モデルケースと少し違って、1回目の離乳食の時間は8時頃で開始しました。

仕事に復帰する家庭だと、出社前に食べさせるので10時では間に合わないです。

もちろん、子供によってはそんなに早く食べられない子供もいますので、あなたの子供のペースを見て、時間帯も工夫してみてくださいね(#^.^#)


離乳食を開始したら、1回食 → 2回食 → 3回食とステップアップしていきます。

2~3ヶ月ごとにステップアップくらいのペースで良いですよ!

ただし、ペースアップにも個人差があり、あまり食の進まない子供や食事よりもミルクや母乳を求める子供など様々です。

ペースに合わせて焦らずステップアップさせてください。


離乳食ステップアップのタイミングは?

離乳食には、完了期までに大きく分けて4つのステップがあります。

ごっくん期(離乳食初期)

まずは、ペースト状にしたものを飲み込む練習です。

基本的には、10倍かゆや野菜ペーストを大さじ1から与え始めます。

離乳食の回数は1回食が基本です。

大人の食事を目で追うようになり、よだれの量が増えてきたなと思ってきたらはじめどき。

モグモグ期(離乳食中期)

ペーストからみじん切り程度まで形のあるものを、歯茎でつぶせるくらい柔らかく茹でて与えます。

まだ、丸飲みでも問題ないですが、徐々に口を動かしてかみ砕く練習すると良いですね。

腰が据わって一人座りができるようになるころがはじめる目安です。

カミカミ期(離乳食後期)

さらに大きめの食材を与え始めます。

肉や魚などのタンパク質も積極的に与えてください!

歯が5~8本ほど生えてくる子もいるので、前歯でかみ切れるくらいのおにぎりなど、手づかみで食べられるメニューなど、レパートリーの幅を考える必要が出てくる頃。

丸のみでなく、歯茎ですりつぶしているように見受けられたころがはじめるタイミング。

離乳食の回数は2回食が基本ですが、早めに3回食へ移行する場合もあります。

食事を嫌がらず、量もほしがるようでしたら3回食に移行してもいい頃です。

パクパク期(離乳食完了期)

ここまでくれば離乳食完了まであと少し。

少しずつ調味料を使い始めてもいい頃です。

ただし、塩分の高い食事は胃腸に負担がかかりますので、大人よりもだいぶ薄味で与えましょう。

ちなみに、薄味で仕上げるために、だしなどを有効に使うのがおすすめ!

また、離乳食の回数は3回食が基本。

とはいえ、消化器官も未発達の赤ちゃんは、一度に食べられる量も少ないです。


この頃になると、栄養のほとんどを離乳食からとるようになります

おやつを1~2回取り入れて、1日で足りない栄養を補うのもいいですね。

特に鉄分やミネラルは不足しがちですから、市販のベビー用のお菓子などを取り入れてうまく栄養素を取り入れるのもおすすめです。

ただし、おやつも食べすぎると、食事が食べられなくなってしまうこともあるので、食べさせる量と時間には気を付けてくださいね^^


離乳食とおかし

離乳食をスムーズに進めるポイントとは?

一番のポイントは、子供自身に「食事って楽しい!」と思ってもらうこと!

離乳食はすべての赤ちゃんがスムーズに食べてくれるとは限りません。

せっかく手作りの離乳食を一口も食べてくれなかったり…。ということも珍しくないのです(;´Д`)


そして、あなたにとっての離乳食をスムーズに進めるコツは「一生懸命になりすぎないこと」

食べないときもあるよね、と割り切って進めることも大切。

子供もいつまでも食べられないわけではありません。
いつか食べてくれる日がきっと来ますので、気長に構えましょう。


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

まだまだ消化器官も未発達で、弱々しい赤ちゃんの離乳食ですが、はじめてのママさんにとってはわからないことだらけで不安も多いと思います。

離乳食は、母乳やミルクだけで過ごしていた赤ちゃんが徐々に大人と同じ食事ができるようになるための準備期間です。


もちろん、離乳食後期や完了期に近くなって来れば、離乳食からとる栄養の比率は多くなってきますが、はじめたての頃はまだまだミルクや母乳からの栄養摂取が主。

離乳食をはじめる頃は、「栄養が足りているかしら・・・」と心配するよりも、まずは「食事って楽しいんだ!」と子供にわかってもらうことが肝心です。

笑顔で「おいしいね!」といえる食卓を家族で囲むことを心がけて気負いすぎず、楽しんで離乳食を進めてくださいね!


スポンサーリンク