我が子の成長は本当にあっという間!

生後5ヶ月頃になると、そろそろ離乳食について考え始めるママさんも多いと思います。

赤ちゃんにとってもあなたにとっても初めての離乳食。

どんな順番で進めて行けばいいの?量は?硬さは?あなたも分からないことがたくさんありますよね。


私自身、初めての離乳食はわからないことだらけで、日々勉強でした。

これから初めて離乳食を始めるあなたの為にも、少しでも参考にしていただけるよう、私の実体験も含めながら離乳食の進め方をまとめてみました!

肩の力を抜いて、赤ちゃんとの楽しい離乳食をイメージしながら読んでみてくださいね(#^.^#)



離乳食スタートの目安はいつから?

一般的に、離乳食のスタートは生後5.6ヶ月頃が目安と言われています。

しかし、あくまでも目安であり、この月齢になったらすぐスタートさせなければいけないものではありません

1番大切なことは、赤ちゃんの様子をよく観察し、その子のペースに合わせて進めてあげることです。


ちなみに、目安となる赤ちゃんの成長があるので、いくつか挙げてみました!

  • 首がしっかりと座っている
  • 支えてあげれば座ることができる
  • 大人の食事に興味を示し、食べるところをじっと見たり、口を動かす仕草を見せる
  • よだれが増えてきた



こんな成長が見られたら、いよいよ離乳食スタートのサインです。

焦らずゆっくり進めていきましょう!


スポンサーリンク


離乳食の進め方〜基本の10倍かゆ〜

離乳食の準備が整ったら、いよいよ初めての離乳食に挑戦です!

離乳食のスタートは、10倍かゆをなめらかにすり潰したものから始めます。


初日の量は10倍かゆを小さじ1から。 

赤ちゃん用のスプーンに換算すると、5口分程度です。

万が一アレルギー反応が出たり、体調を崩したりした場合にすぐ対応できるよう、初日は病院が開いている平日の午前中に設定するのが望ましいですね。

また、授乳の直前や直後は避け、授乳と授乳の間の機嫌がいいときに与えるのがベスト!

時間もできるだけ同じ時間にあげるよう心がけましょう。

Point 

  • 10倍かゆは裏ごししてできるだけなめらかに!
  • →今まで母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんは、お米のつぶつぶした舌触りが 苦手なケースが多いです!うちの子もお米の粒を嫌がりました。しっかり裏ごしすることで、なめらかなペーストになり赤ちゃんも食べやすいです。

  • ママもリラックスして、優しく声かけしながらお口に運びましょう!
  • →赤ちゃんはママの表情をよく観察しています。あなたが優しく声かけをしながら食事の介助をしてあげることで、赤ちゃんもリラックスしてくれます。



小さじ1を無事クリアしたら、段々と量を増やしていきます。どのくらいのペースで量を増やしていけば良いか、目安をまとめてみました。

  • 離乳食開始1〜3日目…10倍かゆ小さじ1 
  • 4〜6日目…10倍がゆ小さじ2
  • 7〜9日目…10倍がゆ小さじ3

赤ちゃんの様子を見ながら、おおよそ1週間で小さじ3まで増やしていきます。

Point

  • 赤ちゃんのうんちの様子を観察!
  • →赤ちゃんが下痢をしていないか気にかけながら進めましょう。下痢など不安な変化があれば、無理に量は増やさず一旦お休みして様子見です。



離乳食初期の進め方

離乳食の進め方〜初めての野菜に挑戦しよう!〜

10倍かゆを小さじ3ほど食べられるようになったら、次は野菜にも挑戦します。

10倍がゆと同様に、小さじ1ずつ進めていきます。

また、初めての食材は2日ほど続け、アレルギーが無いことを確認すると安心です。

  • 離乳食開始10日目〜12日目…10倍かゆ小さじ3、野菜(例にんじん)小さじ1
  • 13日目〜15日目…10倍かゆ小さじ3〜4、野菜(例かぼちゃ)小さじ2



上記は、実際に私が子供に食べさせたメニューです。

にんじんやかぼちゃは、自然な甘みがあるので食べやすいかな?と考え、初めての野菜に選びました。

野菜はしっかり火を通し、裏ごしして滑からなペースト状にしてあげます。

野菜も徐々に量を増やしながら、離乳食開始からおおよそ1ヶ月で10倍がゆは小さじ5、野菜は小さじ3ほどを目標に進めていくと良いですよ!

離乳食初期の野菜についてはこちらで詳しく紹介しています!
→ 離乳食初期の野菜!食べて良い悪いはあるの?種類別の調理方法!

Point 

  • 赤ちゃんが欲しがっても、量は急激に増やさないで!
  • →離乳食に慣れてくると、もっと欲しい!と泣いて要求する赤ちゃんもいます。でも、まだまだ消化機能は未熟。量はきちんとママがコントロールしてあげてください。



離乳食初期の野菜

離乳食に必須!簡単冷凍術とは?

離乳食初期のメニューは、食材をペースト状にするため手間がかかりますよね。

そんなときはまとめて冷凍すると便利です!

離乳食を冷凍するのに活躍したアイテムがこちら。

  • 製氷機又は小分けパック
  • フリーザーパック



これを使ってまとめて冷凍しておくと、毎回量を計らなくても解凍するだけで離乳食が出来上がります(#^.^#)

製氷機・小分けパックを使う場合

ペースト状にした食材を計量し、それぞれ区切られたところに入れて冷凍します。

初期は小さじ1ずつ進むので、小さじ1ずつ計量して入れておくとわかりやすいです。

また、製氷機や小分けパックが場所をとってしまう場合は、凍ってからフリーザーパックに移し替えてしまえば収納しやすくなります。


スポンサーリンク


フリーザーパックを使う場合

ペースト状にした食材をフリーザーパックに入れたら、薄く平らに伸ばして冷凍します。

使うときは、使いたい分だけ手でパキっと折って取り出せます。


私は、赤ちゃんが寝ている間にまとめて調理し、上記のような方法で冷凍しておきました。

いざ離乳食の準備を始めると赤ちゃんが泣き出してしまうことが多々…。

そんなとき、冷凍でストックがあるとチンするだけですぐに準備ができて助かりました。

冷凍の活用はオススメです!

さらに詳しく冷凍保存について知りたい人はこちら
→ 離乳食には必須の冷凍術!保存から解凍方法まで一挙公開!

まとめ

離乳食初期は、ミルクや母乳以外のものに少しずつ慣れていく練習の時期です。

まだまだ栄養はミルク・母乳で十分な時期なので、焦ることはありません。

赤ちゃんによってペースは異なるので、紹介した進め方と同じように進まなくても心配しなくて大丈夫です。

1匙ずつ、様子を見ながら増やしていくことを基本として進めていけばOK!


離乳食があまり進まない時は、無理に進めようとせずに一旦お休みすることも必要です。

赤ちゃんのペースに合わせてゆっくり進めていくことが大切。

また、初めての離乳食は、笑顔で楽しい雰囲気を作ってあげることも重要ですね。

「おいしいね」「上手にごっくんできたね」など、たくさん言葉がけをしてあげると赤ちゃんも嬉しいはずです!

離乳食も、赤ちゃんとコミュニケーションをとる幸せな時間のひとつ。

あなたもリラックスして、ゆったりとした気持ちで進めていきましょう!


スポンサーリンク